電話対応

カルチャー・コネクションは電話応対研修を承っております。顧客満足向上が叫ばれている中、電話応対は益々その重要性を増しております。2008年にNTTユーザ協会指定講師、電話応対技能検定(もしもし検定)指導者級の資格を取得しました。

電話応対研修

100人規模のコールセンター、通販事業部、ホテルなど様々な企業からご依頼を頂戴しております。また、公益財団法人 日本電信電話ユーザ協会の指定講師を承っております。電話応対スキルアップ研修、ビジネスマナー実践研修など記事にして頂いておりますので、下記リンクよりご覧下さい。
http://www.pi.jtua.or.jp/kagoshima/

【電話応対研修の一例】
1.電話マナーの基本的な考え方
2.ヴォイストレーニング(腹式呼吸・声の出し方・声の表情)
3.音声学(イントネーション・ポーズ・速度)
4.日本語の特性
5.敬語練習問題
6.効果的な表現の仕方
7.電話応対審査
8.電話と対面コミュニケーションの違い
9.コミュニケーションゲーム



電話応対録音研修

【電話応対録音研修の一例】
1.企業に、弊社スタッフが予告無しに電話をかけます
2.商品問合せ等、普段の電話応対模様を録音します
3.電話応対技能検定の資格を持った講師が評価を行います
4.改善のアドバイスをフィードバックします
5.CS向上の指針としてご活用ください



電話応対コンクール

日本電信電話ユーザ協会主催

【電話応対コンクール】
電話応対コンクールは、正しく美しい日本語を守り伝えるとともに、CS(顧客満足度)向上を目指した電話応対の技能を競い合います。日頃の電話応対教育・研修の集大成としてその成果を競い、各企業の電話応対とトーク技術のレベルアップを図る目的で毎年実施しています。
参加者は、毎年設定される協議問題に取り組み、電話応対サービスの技能を競い合います。
今年で58回目を迎える、電話応対コンクール全国大会についてはこちら
http://www.jtua.or.jp/education/concours/

【企業電話応対コンテスト】
ユーザ協会が毎年実施している企業電話応対コンテストはユーザ協会の専門スタッフが「仮のお客様」として予告無しに電話をかけ、その際の電話応対模様を録音し、5人の専門家が客観的に数値化。業種別に行われ100点満点で評価をします。
今年で23回目を迎える、企業電話応対コンテストについてはこちら
http://www.jtua.or.jp/education/contest/



講師の取得資格

有限会社カルチャー・コネクションには、電話応対技能検定(もしもし検定)指導者級資格者が2名所属しております。

山野 真理
電話応対技能検定(もしもし検定)指導者級資格取得
2008年1月1日認定 認定番号「T00120080060」
電話応対コンクール 全国大会 審査員
企業電話応対コンテスト 全国大会 審査員
電話応対コンクール 鹿児島県大会 審査員

 

森 比佐代
電話応対技能検定(もしもし検定)指導者級資格取得
2010年4月1日認定
電話応対コンクール 鹿児島県 テープ審査 審査員



電話応対研修料金

3時間以内   ¥50,000(税別)
終日(5時間) ¥100,000(税別)
2日間     ¥200,000 (税別)

※料金についてはご相談に応じます、随時お問い合わせください。
※特殊な研修につきましては、別途料金がかかります。
※新人から管理職までお受け致します。
※人数は10〜15人が最適ですが、100人以上の研修もお受け致します。
 (その場合、料金は別途ご相談ください)
※3日以上、あるいは年間を通しての研修はお問い合わせください。
※時間・場所についてはなるべくご希望に添えるように致します。
※終日とは、原則として午前10時〜午後4時までと致します。(昼休憩1時間)
※資料は事前にお渡し致しますので、人数分のコピーをお願いします。
※上記料金に、交通費宿泊費と消費税がプラスされます。

【お問い合わせ先 】
有限会社カルチャー・コネクション
TEL:099-258-4777
Mail:c-c-@cul.jp