山野 真理 プロフィール

 
山野 真理

MARI YAMANO

 
有限会社 カルチャー・コネクション 取締役

鹿児島県身体障害者福祉協会言語訓練士
働く女性ネットワーク 鹿児島切子倶楽部代表
元南日本放送アナウンサー 元フレンズFMパーソナリティー
公益財団法人 日本電信電話ユーザ協会契約講師
電話応対技能検定(もしもし検定) 指導者級資格保持
鹿児島県商工会連合会 商工会議所 経営・技術強化支援事業エキスパート
鹿児島県河川整備計画検討委員
公益財団法人 かごしま教育文化振興財団 評議員
鹿児島市選挙管理委員
そのほか、県市町村委員を多数歴任

 
南日本放送(MBC)でアナウンサーとして8年間勤務。
その間、アノンシストコンクール(全国のプロのアナウンサー技術コンテスト)において、アナウンサーとして九州一位、またプロデュースした作品は日本一になる。

アナウンス関連以外の仕事にも積極的に取り組み、自治体主催の各種フォーラムやシンポジウムの企画にあたるほか、コーディネーター、パネリストも務める。

自治体や企業の職員、社員研修は「接遇マナー」「コミュニケーション」を中心に行い、「受付対応」「敬語の正しい使い方」「プレゼンの仕方」などの教育で評価を頂いている。
中でも「プロの為の音声学講座」はプロフェッショナルに学んで頂きたいユニークな講座。
近年は電話応対コンクールの審査員の経験を活かし、コールセンターオペレーターのモニタリング教育の要請も多い。
個人レッスンの「就職の為の面接対応講座」での実績は各方面より評価が高い。
また講演のテーマは「あなたも言葉美人になれる」「マナーを自分スタイルに」「ステキなコミュニケーション」などがテーマ。

このほか、県身体障害者福祉協会や障害者雇用センター「耳の不自由な人のための発語」の言語訓練士として障害者教育に力を注いでいるほか、「外国人のための日本語教室」や「プロのための話し方教室」講師としても活動している。(愛媛大学にて難聴教育講座受講)

長いキャリアと豊富な人脈を活かして、プロデュース・コンサルティングなど、自治体・企業と文化を結ぶお手伝いをしている。